チラーにおける熱媒体とは?

チラーにおける熱媒体とはどんなものでしょうか。

今回はチラーにおける熱媒体について解説します。

熱媒体はいくつかの種類に分かれているため、その種類を知ることも大切です。

熱媒体の基礎知識や用途・注意点などを見ていきましょう。

熱媒体の種類について

チラーで使われる熱媒体にはさまざまな種類があることをご存知ですか。

たとえば水道水も熱媒体として使われます。

水道水を熱媒体とすることで、対象を冷却するわけです。

この他にも、精製水や脱イオン水、蒸留水、軟水、RO水など、いわゆる水に該当する液体だけでも複数の種類に分かれます。

さらに熱媒体としては不凍液や、グリコール系の液体、アルコール系の液体なども使われます。

実に多くの液体が熱媒体として使われるため、どういった液体を使用するかは非常に重要です。

対象を冷却するのに使われることになりますから、設定温度も関わってきます。

設定温度を把握したうえで、どんな液体が最適かを決めましょう。

また安全性も重要ですので、引火しやすい液体などは使用を避けるなどの対応も求められます。

熱媒体に使われるオイル

チラーに使われる熱媒体には、水だけはありません。

水以外に多くの種類がありますが、実はオイルも熱媒体として使われることがあります。

オイルとは油のことで、具体的にはシリコンオイルなどが用いられます。

主に高温用の熱媒体として使われ、最高温度は数百度にまで高くなります。

例としては、金型の温度調整などを行いたい場合に、水ではなくオイルを使うといった形です。

オイルを使用するということで、安全性にも最大限配慮しなければなりませんが、便利な熱媒体でもあります。

他の液体も含めて、どの熱媒体を使用するかは、チラーの設定温度や絶縁性など、さまざまな要素が関わります。

また、熱媒体の多くは市販されていますが、入手しやすいかどうかもポイントです。

これらの点を総合的に考慮して、最適な熱媒体を見つけましょう。

 

熱媒体の用途

チラーにおける熱媒体の用途は、対象となる装置などを冷却し、温度調節をするためです。

たとえば水道水を熱媒体として使用する場合、チラーを水道水が循環することで対象を冷却します。

水道水が対象の熱を奪うわけです。

そして熱媒体となる液体はチラー内部を循環しており、ぐるぐると回り続けることで冷却し続けます。

こうした原理でチラーは動作しており、その役割を果たします。

どんな種類であれ、熱媒体は対象を冷却し温度を調節するために必要になります。

この熱媒体の用途をおさえたうえで、種類を決めるわけです。

チラーの核とも言えるのが熱媒体で、熱媒体によってチラーの性能が決まると言ってもいいでしょう。

まとめ

チラーは、熱媒体となる液体を機械の中で循環させることで、対象を冷却する機能を持った装置です。

熱媒体があるからこそ、チラーは温度調節が可能になるので、チラーにおける熱媒体は非常に重要な役割を持っています。

熱媒体の種類は、水道水・精製水・脱イオン水・蒸留水・軟水・RO水などの水、その他不凍液やグリコール系の液体、アルコール系の液体、シリコンオイルなど、さまざまな種類があります。

どの熱媒体を使用するかは、設定温度などをはじめ、冷却の対象、状況によって変わってきます。

正しい熱媒体選びができていないと、対象の温度調節ができなかったり、安全性に問題が生じたりしますので、注意が必要です。

チラーを導入する場合は、どのような熱媒体を循環させるのがベストかも検討しましょう。

そうすることで、どのようなチラーを導入するのが良いかも、絞られてくるはずです。

お気軽にお電話ください
048-950-8446 048-950-8446
9:00~18:00
埼玉県草加市青柳7-24-1
ACCESS

冷却水循環装置(チラー)を製造する当社はお客様からご好評いただいております

冷却水循環装置(チラー)の導入を検討されていましたら、当社が世界基準の品質を満たした製品をお客様にお届けしておりますので、ぜひご利用ください。 冷却水循環装置(チラー)を作る当社は日本のお客様だけでなく、海外のお客様にも対応できるよう、協業会社と連携しております。
AMU冷熱写真
会社名 AMU冷熱
住所 埼玉県草加市青柳7-24-1
電話番号 048-950-8446
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日
最寄駅 新田駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。